大阪の建築家 石丸信明

引きこもる部屋よりも

最近の凄惨な少年事件のニュースを聞く度、設計者としてそのような事件にかかわった子供の部屋は、一体どうなっているのかと考えてしまう。ひょっとし て、何か家の作りや間取りが根本的に間違っていたのでは?子供のことを考えると、5LDKの戸建て住宅よりも、かつての2DKの方が幸せだったのかもしれ ないとも思えるのだ。

現在子供部屋は一般に子供が中学から高校のとき、受験勉強がはかどるよう親があてがうものと思われている。しかし、日本の住宅に子供部屋が定着したのは、たかだかここ数十年。始まりは戦前の京都大学の西山夘三氏の研究「食寝分離論」にさかのぼる。
西山氏はその中で、それまでハッキリと区別されていなかった食堂、つまり「D」を確立しようとした。

第2次大戦後、住宅不足解消のため県営・市営住宅が次々と造られた際に一気に開花。1955年に設立された日本住宅公団は大都市周辺で大量の「2DK」「3DK」住宅を供給した。高度経済成長時代に突入すると、居間が加わり「3LDK」が登場する。
次第に個室(具体的に言えば、寝室と子供部屋)の部屋数「n」をLDKに加えたnLDKという呼び名が、住宅のグレードを表すようになる。しかしこのnと いう数字こそ大きな問題を含んでいたのである。2LDKより3LDK、3LDKより4LDKの方がよいと思われ、本来、部屋数以上に重要な質が考慮されな い。日本人は住宅市場で明らかにステレオタイプ的な思考の落とし穴にはまってしまったのである。

歴史的には、日本の住宅の間取りは畳の 部屋が並んでいるだけの状態から、台所、居間、食堂、主寝室などの独立した機能を持つ部屋の集合へと変わってきた。そういう流れの中、最後に登場したの が、子供部屋なのである。しかし導入にあたってどんな部屋が重要かが考えられた形跡はない。子供が自立するのに親との接触や、親の存在から受ける情報が重 要であるなどということはほとんど考えられなかった。引きこもれる子供部屋よりも、2DKのマンションのように親と一体となった生活が重要だということも
意識されなかった。

ただ勉強部屋として「n」という部屋数に埋没させられたのではないだろうか。重要なことは、個々の家族に適した住まいはどうあるべきか、そして「その子」にとって必要な子供部屋は何かということを自ら考え続けることなのだが……。
1999年8月5日(木曜日)  毎日新聞掲載