大阪の建築家 石丸信明

屋上を遊びの空間に

子供の遊びの空間は大きく、内部と外部に分けられる。自分の家や友達の家が内部。自然スペース、原っぱ、道、児童公園などが外部である。小学校低学年までは、内で遊ぶことと同じように外で遊ぶことが重要だ。

ところが都市部では、子供が遊べる外部空間は確実に減少している。自然スペースとしての海、山、川は大抵、遠いところにあり、日常的に遊ぶ範囲内にはな い。遠足や、家族で車で出かける距離である。原っぱも私の子供のころのように勝手に入って遊べる雰囲気はない。ましてや道は車が多くなり、おちおちケンケ ンや三角ベース?をやっていられない。

そこで考えられるのは、屋上空間である。1920年代に、ル・コルビジェは、近代建築の5原則を 提唱した。ピロティ、屋上庭園、自由な立面、自由な平面、横長の窓である。それは、それまでの古典的な建築のイメージを払しょくするための提案だったのだ が、その中に屋上庭園があった。52年に完成したル・コルビジェ設計のマルセイユユニテ・ダビダシオンは、集合住宅や、ホテル、店舗などが1棟に入ったい わゆる複合ビルであるが、その屋上には、幼児が遊ぶプールや日光浴場、テラスが設けられていた。何組もの親子が集い、子供をプールで遊ばせる写真は、今の 日本の都市部における子供の遊び場を示唆しているようだ。

都市型住宅において、屋上を子供の遊びの場にしてみてはどうだろう。屋根だけ であるよりはコストがかかるが、夏は、ビニールプールを設置し子供が楽しむことができる。居心地のよい安心できる遊びの空間となりうる。また、庭と考えれ ば、ガーデニングを楽しんだり、デッキにしてリラックスの場として生かすこともできる。

テレビゲーム等の普及に伴い、子供が外で遊ぶこ とを積極的に行わなくなってしまった。私自身、都市環境を考えると、何か設計や計画された建物が増えるほど、都市計画が進めば進むほど、結果的に子供の遊 びの場を奪っているのではという職業上の矛盾を抱え込んでいるのではと考え込んでしまう。子供の特権の場である秘密探検基地は、おとなが与えることはでき ない。せめて都市型住宅において、屋上を子供が遊べる外部空間として考えられないだろうか。
1999年8月19日(木曜日)  毎日新聞掲載