大阪の建築家 石丸信明

なぜパーティクルボードか

プロダクトデザインの世界では、INVERSE MANUFACTURERINGという概念がある。製品を製造する段階で廃棄の状況も予め考慮し、デザイン生産していくことでもある。
現在、日本での木材の再生率は、産業廃棄物と定義される廃材の約20%にとどまっている。パーティクルボードは、チップになった木材の廃材を原料とし、高温で圧力をかけ接着剤で固めたものである。木質系廃材ーチップーパーティクルボードと何度も循環が可能な木質系再生材である。
各ボード類の使用比率を1999年FAOの資料で調べてみると、日本は、欧米と比較して特異な状況にある。合板の比率が非常に高く、パーティクルボードの比率が低い。パーティクルボードが、構造材としてあまり使われずに主に合板が使われている結果である。
私にとっての阪神淡路大震災における被災体験は、私と私以外の関係を再度構築せねばならない状況に追い込まれた。そのような時期に出会ったのが、パーティクルボードである。パーティクルボードは、リサイクル可能であること。またその利用が、木質系廃材再生率の向上を促す。つまり、RECYCLE + ECOLOGY = RECO という概念に眼を向けさせることとなった。
現在日本での主な使われ方は、ハウスメーカーの住宅における床や壁の下地材として、あるいはキッチンメーカーの扉の芯材として使われている。私自身、パーティクルボードの新たな使い方として家具の提案を行い、リサイクル可能な家具 「RECO PROJECT」が生まれた。
今回の住宅である「RECO-house」では、私の「RECO PROJECT」に共感された建築プロデューサーの大内氏が中心となり、住宅において新たな実験が行われた。「RECO-house」では、パーティクルボードを下地材としてではなく仕上げ材として、さらに構造材として使い、新たな可能性を開いている。
●RECO PROJECT
URL http://recoproject.com