大阪の建築家 石丸信明

屋根という形式

先日、新幹線で東京から大阪へ移動する間、美しい屋根はあるのかと気になり、屋根ばかり見ていた。残念ながら美しい屋根は、ほとんどない。美しい屋根は、古い民家の家並みが残っている集落の屋根だけである。
ある集落では、家は東西を軸に配置され、切妻屋根が架けられている。基本的には平屋である。外壁は、土壁や杉材で出来上がり、瓦が乗っている。
建物の上部にたまる水を処理する技術は、屋根を架け水を処理する方法か、防水により一旦屋上面に水をため、樋等で建物の外側に流してしまう方法がある。後者は、近代建築という概念が設定された1920年代以降の話である。世界各地において、古くから屋根が使用されている。単純な形式であるが、単純であるが為に色々なことをあぶり出す。
材料に関して言えば、基本的には近くで手に入る自然素材である。木、瓦、土等。瓦は、土を焼いて製品としているが、材料は1次生産された素材である。工業材料のように、大量のエネルギーをかけ、ある目的に特化させてはいない。自然素材と工業材料の違いは、リサイクルという廃棄の問題を考えただけでも、大きな違いがある。また、その土地の水がはぐくんたお酒と魚が合うように、その土地の生活に合ったモノであるかという繊細な設定をしただけでも、工業材料は齟齬をきたす。合目的化を進めれば進めるほど、反面その目的以外に対しては配慮していないことになる。素朴な自然素材の体系は、じつは色々な意味を内包できる。
また、自然素材を使って、モノを作り上げると色々な機能を持たせることが出来る。庇が伸びた屋根は、直射日光を遮り地面への反射光を招き入れる。光をコントロールする。高温多湿の日本で、空調機なしの生活を送るために床は地面から上げられ、人にやさしい風を誘い込む。大きな屋根は、家族の象徴でもある。集落で連なった屋根は、美しい街並みを形成する。
素材を使いモノを作り上げる時に、一方ではその目的を明確にしていくことも重要であるが、素材が内包している潜在能力を見極め、モノが持つであろうアフォーダンスも考慮する必要がある。極端な言い方をすれば、工業材料で作った屋根と自然材料で作った屋根は、水を処理するということは同じであるが、世界が違うのである。自動車の部品は、約20万点で、その内2000から3000点の金型を作らなければならないそうだ。自然素材で作った住宅とは、全く違うモノの在り方である。