【コラム】大阪市内周縁にあるギャラリーノマルが、ARTと即興音楽の聖地となっていた

query_builder 2023/02/20
ブログ


大阪市深江橋にあるギャラリーノマルでは、現在、名和晃平展が開催されています。ギャラリーノマルのディレクター林聡さんのディレクションは、作家とキュレーターの境界を乗り越え、作家と深く関わり、展覧会だけでなく、作品についても、共に制作していく姿勢を貫かれています。林さんの言葉で言う「どう見えるか」「どう見せるか」名和さんとの信頼関係が見えてきます。

 

また、ギャラリーノマルでは、美術の展示だけでなく、音楽活動も行われています。

私たちARX KOBEが、2009年に設計したこのギャラリーは、天井高さ7mあり、壁は、重量物の展示ができるようにと、36mmの合板を使用しました。

結果、演奏しても音が漏れない空間を実現していました。

 

マネージャー今中規子さんは、「sara」という名前の即興音楽アーティストでもあります。即興音楽とは、楽譜や主たるメロディーを決めず、自由にその場の雰囲気で演奏する音楽です。「.es」として活動を共にされていた橋本孝之さんは、急逝してしまいましたが、その後、彼女お一人でも、目覚ましい活動をされており、ギャラリーノマルを起点に人の縁を紡いでいっておられます。

ギャラリーノマルでのライブ演奏が、演奏者同士さらには聴衆との共有共感を広げていく。ミュージシャンにとって、そこで演奏している時に感じる音も、好評です。

 

さらに、「音響の鬼才」「レコーディングの魔術師」と名高い宇都宮泰さんも興味を持ち、従来の発想ではない録音マイクにより、ここで録音すると興味深い音源となるそうで、音楽出版の新たなプロジェクトを共に立ち上げたそうです。

 

ギャラリーノマルは、大阪市の中心部から離れた大阪市東端「周縁」に位置していますが、文化人類学者の山口昌男氏が「中心と周縁」という枠組みで分析した通り、その「周縁」という場所が、大阪市中心部の人間関係から自由に、本質的な独自のクリエイティブ活動に集中できる環境を育む土壌となっています。

 

建物が、その場所の力を引き出し、その空間が、アートも即興音楽においてもアーティストのクリエイティビティを鼓舞し、さらなる人のつながりを作り続けています。ガラパゴスにあるギャラリーノマルが、ARTと即興音楽の聖地になっていました。この事実が、東京の人にも、国外にも、アートファンにも、アートコレクターにも、即興音楽のファンにも伝わってほしいものです。

 

From Fukaebashi to the World!

 

2023220    石丸信明  / ARX KOBE

 

 

【ギャラリーノマル 展覧会・イベント情報】

 

ギャラリーノマルHP

https://www.nomart.co.jp/

 

名和晃平展

202324日(土)~422日(土)

vol.1 Movie / 2023.2.4 sat - 2.25 satvol.2 Tarot / 2023.3.4 sat - 3.25 satvol.3 Cell / 2023.4.1 sat - 4.22 sat

13001900

日曜・祝日休廊

 

即興音楽ライブ:「Utsunomia MIX」トリプル・リリース記念Live

2023513日(土)

出演:sara.es/ T.Mikawa 美川俊治 / K2(草深公秀)/ Wamei (Sarry) / 山本精一

時間:open 19:15 / start 19:30

charge:前売 4,000 / 当日 4,500

14名によるグループ展「MUG」初日に開催。

 

(以下、主催者コメント)

 

2023510日、音響の鬼才・宇都宮泰氏が録音からマスタリングを手掛けるアルバムのトリプルリリースを予定しており、着手と準備を進めています。全て、昨秋ギャラリーノマルの展覧会場で開催したLIVE音源を収録。

敬愛する表現者をノマルという場でつなぎ、とらわれのない自由を謳歌する3枚になると確信しています。とにかくサウンドが凄い!乞うご期待!!

 

また、513日、上記アルバムに参加する音楽家5名(sara/美川俊治/草深公秀/Wamei/山本精一)全員出演による、レコ発ライブを開催します。

当日は、グループ展「MUG」の初日でもあります。

その名の通り、14名の作家がマグカップに絵を描き、さらに各作家のオリジナル作品を併置するという展覧会。

山本精一、イヌイジュン(ザ・スターリン)も出展作家として作品を展示。

その会場でのレコ発ライブ予定です。

この展覧会の最終日610日(土)には、sara(.es)、イヌイジュン、山本精一、初の3ピースLiveも決定しております。

 

P.S 現在決定している3つのライブをまとめると以下です。

――――――――――――――――――――――――

Utsunomia MIX」トリプル・リリース記念Live

2023513日(土)

出演:sara.es/ T.Mikawa 美川俊治 / K2(草深公秀)/ Wamei (Sarry) / 山本精一

時間:open 19:15 / start 19:30

charge:前売 4,000 / 当日 4,500

14名によるグループ展「MUG」初日に開催。

――――――――――――――――――――――――

グループ展MUG最終日Live: Revolution

2023610日(土)

出演:sara(.es) piano / イヌイジュン(ザ・スターリン)drum / 山本精一 guitar

会場:ギャラリーノマル

時間:open 19:30 / start 19:45

charge:前売 3,000 / 当日 3,500

14名によるグループ展「MUG」最終日。

――――――――――――――――――――――――

2人のギタリストとsara、特別なデュオLive: HUMANKIND

2023630日(金)

出演:sara (.es) piano / 大友良英 guitar / 磯端伸一 guitar

会場:ギャラリーノマル

時間:open 19:00 / start 19:30

charge:前売 3,000 / 当日 3,500

*グループ展「HUMANKIND」会期中に開催。

 


NEW

  • 【第119回木三会】深化し続けるツーバイフォー工法【有限会社夢現設計室】

    query_builder 2024/03/13
  • 【第118回木三会】海外で進む断熱ゴムの可能性を探る【ゲスト:共同ゴム株式会社】

    query_builder 2024/02/01
  • 【第117回木三会】CLTの現在地と未来【銘建工業株式会社】

    query_builder 2023/11/30
  • 【第116回木三会】CLTの概要と課題【ゲスト:門田建設(株)】

    query_builder 2023/11/06
  • 日東製陶所大阪ショールームでタイルを体感【第115回木三会】

    query_builder 2023/10/05

CATEGORY

ARCHIVE